遺言イメージ

遺言に込めた自分の想い

遺言に残したい自分の気持ちは、いつまでも残しておきたい言葉を書いておきたいと考えます。
自分で家族に残したい気持ちは、感謝の気持ちです。
日常生活では言い出し難い感謝の気持ちを、遺言と言う形で残します。
これから先の生活に、満足感が出来る様に書き残したいものです。
言い足りない事がない様にしておくことは、安心感が出てきます。
生活を充実させたいと考えている時こそ、書きておきたいものです。
自分の場合は、病気をして以来は、家族の気持ちを考える機会が増えたからです。
そのことで残したいと思う気持ちが強くなります。
生活を穏やかに過ごす為には、必要なことです。
自分らしく生活していく為には、欠かせないことです。
それだけ自分は大切なことだと思います。
人の気持ちは、相手に伝えないと伝わらない事が多いです。
しっかりと言葉に残しておくことが重要なことだと考えています。
自分の事だけでは無く、気になる家族の事などです。
好きな人だからこそ、大切にしたいと考えます。
そう考えると、必要な言葉を伝えたいと考えます。
自分の健康を維持する為でもあるのです。
それはこの事で、自分の気持ちを整理することが出来ます。
気持ちを整理することを文章に残す事が、気持ちをスッキリさせます。
また頑張ろうと思えます。
気持ちを切り替える方法に使っています。
生活していく中では、常に気持ちを切り替えていく必要はあります。
そんな時に必要になります。
生活しながら、考えている事です。
しかし普段は言わないことでも、素直に感謝の気持ちが出来ます。
気持ちが家族に対して感謝の気持ちが強く感じます。
すると自分の言動までも大きく変わります。
気持ちを切り替えると、家族に対して優しさが出来ます。
優しい気持ちのままで、生活していくと自分でも嬉しくなります。
感謝の気持ちを手紙に残していく様な感覚がします。
自分で書いた遺書を後から読み返すと、これだけ多くのありがとうと言う気持ちがあったのかと、再度確認が出来ます。
これは大切なことです。
必要な気持ちを入れてあるので、いつまでも大切にしたいと思うのです。
必要な言葉を日常生活に、口に出していない時この様に残しておくことは毎日を充実出来ます。

Copyright(C) 2010 家族に残す.com All Rights Reserved.